展示会 パネル制作 デザイン

展示会 パネル制作 デザイン

展示会 パネル制作 デザイン

展示会 パネル制作 デザイン

展示会 パネル制作 デザイン

展示会 パネル制作 デザイン

パネルデザイン専門の制作会社です


来場者のハートにフックし、クロージングにつなげる

イベント、展示会においてブース全体の装飾も重要ですが、実際に情報伝達の要となる具体的な説明するパネルには顧客に気づきや納得をさせる大切な役割があります。訴求したいポイントがずれていたり、なんでもかんでも情報を詰め込みすぎて見難くなってしまっていたりして結局何を言いたいのかわからないデザインが上がってきた経験はございませんでしょうか。来場者のハートにフックし、クロージングにつなげることが展示パネルの使命だと思います。 すなわち、技術や製品・サービスへの工夫やこだわりをユーザーの目線で表現し、伝えることです。 私達はそういった要素を単体でもパネル内容を理解してもらい、またブースの導線の流れに応じたストーリーに組み込んで、歩きながら過読していくうちに理解を深めていく設計などを心がけています。 主に工業系、技術系企業様にてパネル多くの制作実績があります。御社のプロモーション戦略を踏まえ、多彩な表現手法と技術訴求で、パネル制作をお手伝いします。

パネル制作の企画・計画

パネル制作の企画・計画

オリエンテーション

イベント・展示会では造作・運営などの他の仕事に追われ、パネル制作は開催の
数週間前からのバタバタ仕事になりがちです。
その結果、パンフレットの水平展開といった開催に間に合わすだけの戦略性のない
平凡なパネルが出来上がってしまいます。
このような事態を避けるためにも、お客さまとのオリエンテーションの段階で
しっかりと意志統一を行います。
イベントのコンセプトに沿ったパネル制作を行うために、双方共にスケジュールを
順守していくことが重要なポイントとなります。

パネルフォーマット作成

ひとつの共通のコンセプトにを元にフォーマットを数種類行ってご提案いたします。
また、このフォーマットはお客さまがパネル原稿を作成する際の
原稿フォーマットとしてもお役に立ちます。

パネルフォーマット作成

スケジュール検討

スケジュール検討

開催日からの逆算でスケジュール検討を行います。
当社の制作期間とお客さま検討期間を順守することで最終的に
お客さまの時間とコストの削減に繋がります。

実パネル制作

作成したインデックスから全体的な訴求の流れと内容の確認を行います。
これはイベント・展示会のコンセプトを理解し、
ブレのないパネル制作を行っていく上で重要な工程となります。
インデックスが確定すれば、個々のパネル制作に注力していきます。
理解の難しい技術をテクニカルイラスト(透視図・断面図)や3DCGなどで
可視化し、表現豊かなパネルデザインをいたします。
キャプションなど細かな対応も行います。

実パネル制作

原稿作成・デザイン

原稿作成・デザイン

それぞれのパネルの役割(目論見)を明確にし、
伝えるべき情報がぼけないように個々のパネルの原稿を作成し、
デザイニングしていきます。

素材作成

商品によっては内部の構造や技術(仕組み)を訴求したい場合があります。
言葉だけでは説明が困難な場合は、3DCG、2次元断面図、透視図、
パースやアイソメなどの一目でイメージできるイラストの素材作成を行います。

素材作成

キャプション計画

キャプション計画

キャプションは主に展示物(実機)の商品や機器等に対しての名称や注釈などが
ありますが、それとは別に「こちらからお入りください。」や「お手を触れないで
ください」など来場者を円滑で安全に回遊していただくためのものでもあります。
弊社では図面からキャプションを想定し事前にご提案差し上げます。


制作に関するお問い合わせはこちらから