“伝わる”プレゼンテーションコンテンツ

パネルデザイン

展示パネルの出力・加工・施工

大規模イベントから小規模で1小間のイベントまで、徹底した管理のもと出力、加工、搬入、設置までを行います。
大規模なイベントではキャプションを含め約2,000枚を短期間で対応させていただいた実績もあります。
一時的に集中する膨大な出力、加工量に対応できるためにはどれだけの設備を持っているかではなく
どれだけの加工業者とのネットワークと段取りノウハウがあるかということです。
弊社では、開催中の主要展示会場においても修正や追加要請に対応できるパートナーネットワークを持ち
万全な体制で出力〜加工〜搬入〜設置を行います。

工程表

工程表

弊社は搬入、その後の対応においてもスケジュール(工程表)に基づき間違いの無い
スムーズな対応を心がけています。
ブース造作の立ち上げ、機械や製品の搬入などの時間を視野に入れ現場の状況を
把握した上で施工を行います。

パネル出力から加工

パネルデザインが校了になり、データがフィックスになった段階で
出力加工の専門会社へ作業を委託します。
校了後、現場搬入までは細かな確認工程となります。
出力加工前のデータチェック、ポスター出力、ウッドラック加工などの
各工程上のリストを元にしたチェックがそれにあたります。
施工当日の作業を円滑にすることはもちろん、
確認ミスによる現場での無駄な対応がないように心がけています。

校了から現場への搬入までの確認事項

 
パネル加工状況の確認 加工工場まで出向き、出力状況を確認。
 
出力・加工の品質確認 パネル加工の品質をチェック。
加工漏れ、仕様の確認  
加工漏れ、仕様の確認 リストを元に枚数の確認や出力漏れが
ないか等を確認。
 
最終出力紙での確認比較 色の仕上がりなどにフレがないか、
最終状態で出力されているかをカンプで比較確認。
 
養生・積込現場搬入 搬入用にパネルを養生、確認。
弊社スタッフが現地で施工 現地の職人へ施工位置指示 パネルを現地へ搬入・施工
弊社スタッフが現地で施工 現地の職人へ施工位置指示

パネルを現地へ搬入・施工

搬入現場では会期当日までの限られた日程の中で、どれだけスムーズに作業が
行えるかが大切です。パネルを貼りこむ前段階の装飾表具作業などでは予定通りに
工程が進むことはまれです。壁を立ち上げたりする各造作などは
ほんとうにギリギリの時間で出来上がるためその場その場での
状況判断が重要になります。
私達は監督を行う人間が現場で起こりうる様々な状況に対応し、
臨機応変に効率の良い施工を行なっています。

制作に関するお問い合わせはこちらから